板橋区常盤台(ときわ台)・上板橋の夜間救急対応動物病院なら
上板橋リズ犬猫病院

〒1740071 東京都板橋区常盤台3-25-13 寺崎ビル1階
東武東上線上板橋駅北口徒歩8分 ときわ台駅北口徒歩8分

診療時間
9:00-12:00/16:00-19:00(診察最終受付 18:30)
(診察は予約制ではなく、来院順になります。)
 定休日  
火曜日は午前診察のみ(午後休診)

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

03-5939-8573

腫瘍科診察

板橋区上板橋、常盤台(ときわ台)、の動物病院である上板橋リズ犬猫病院は腫瘍科診察を特徴の一つとしています。ここではリズ犬猫病院の診療をご紹介していきます。体にできるしこりは大きく分けると腫瘍と炎症に分けられます。さらに腫瘍は良性なのか悪性(癌、肉腫、独立円形細胞腫瘍)なのかに分けられます。動物たちにしこりができた場合、基本的には下記の診察、検査、治療を行います。

 

問診

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院、上板橋リズ犬猫病院の問診は準備中

腫瘍科診療はほとんどの場合飼い主様が皮膚の表面にできたしこりに気づかれて来院されます。また体の中にできたしこりはできた部位による症状(嘔吐、下痢、食欲不振、鼻出血、咳など)を主訴に来院されます。問診ではいつからあったのか、動物種、年齢、発生部位、症状から必要な検査を決定します。

細胞診

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の細胞診は準備中

細胞診は動物のしこりに細い針を刺して細胞を吸いだします。そして顕微鏡で細胞の形などからそのしこりが炎症なのか腫瘍なのか、また腫瘍であれば良性なのか、悪性であれば癌、肉腫、独立円形細胞腫瘍(リンパ腫など)なのかを考えます。細胞診は癌や肉腫までは診断可能ですが、細かい分類まではわからない検査になります。(例えば肉腫の中でも血管肉腫なのか骨肉腫なのかなど) 細胞診はほとんどの場合確定診断というより次に行う検査や治療を決定する検査法になります。

この検査の利点は細い針を使うため動物の負担が少なく検査が簡便なことです。ただし、細胞診は腫瘍の種類(膀胱移行上皮癌など)や出血傾向にある動物などではできないこともあります。

細胞診で診断や方向性の決定ができない場合は組織生検(塊で組織を採取)する方法が実施されることもあります。この方法の場合は局所麻酔や鎮静、麻酔が必要になることがあります。

画像検査

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の画像検査

当院の画像検査はレントゲン検査と超音波検査になります。腫瘍の性質によってその2つを使い分ける、もしくはその両方を実施します。例えば肺転移の確認や肺腫瘍が疑われるのであればレントゲン撮影をしますし、肝臓腫瘍や消化管腫瘍などが疑われる場合は超音波検査を実施します。つまり画像検査は腫瘍の発見や浸潤の程度、転移の有無などを判定する有用な検査法になります。

血液検査

常盤台(ときわ台)近くの犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の血液検査機器

血液検査はリンパ腫などの診断や腫瘍随伴症候群(高カルシウム血症や低血糖など)の検出に役立ちます。また抗がん剤が必要な腫瘍(リンパ腫、肥満細胞腫など)は抗がん剤が使用可能かの判定や抗がん剤後の副作用の判定に重要です。また腫瘍が摘出すべきものであった場合の手術に耐えられるかを判定するためにも重要な検査になります。

外科手術

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の手術写真は準備中

飼い主様に外科手術のリスクとメリットをご説明させていただき、相談の結果外科手術になった場合は、ほとんどの場合全身麻酔になります。手術方法は腫瘍の種類や部位によって様々です。また前述の検査の内容によっては腫瘍そのものだけでなく周囲のリンパ節や臓器の一部を切除することによって微小転移の有無を判定し、抗がん剤や放射線治療やその他の代替治療が必要なのか決定します。

化学療法(抗がん剤)

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の抗がん剤内服薬

リンパ腫などの腫瘍は手術適応でないことが多く、その場合は抗がん剤になります。また腫瘍が転移していてその他の治療法が望めない場合も適応になることがあります。

飼い主様には抗がん剤に抵抗のある方が多くいらっしゃいます。それはご自身の体験やお知り合いの体験、または腫瘍を扱うドラマや映画のイメージなどが関係しています。そのため使用を躊躇うことが多い治療法にもなります。ただし、抗がん剤は動物では人のようなきつい副作用が出ることは少ないと言われています(5%未満)もちろん少なからず副作用はでてしまいますし、中には抗がん剤に強く反応して強い副作用がでてしまうこともありますがうまく使用できれば生活の質を変えることなく生存期間の延長が望める方法です。

また最近では、分子標的治療薬という体の負担が少なく治療効果の認められる薬も犬猫でも使用されるようになりました。まだまだ適応の腫瘍は少ないですが抗がん剤に抵抗のある飼い主様にはよい選択肢が増えました。

放射線治療

大学病院での放射線治療風景

準備中

放射線治療は現在大学病院などの2次診療施設で行われます。脳腫瘍や鼻腔内腫瘍などの治療に実施されます。脳腫瘍や鼻腔内腫瘍では有用な治療法になります。ただし欠点として施設が限られている、複数回の麻酔の必要性、高額な費用、放射線による副作用等があげられます。

現在上板橋リズ犬猫病院では放射線治療が必要な飼い主様と動物には大学病院や二次診療施設をご紹介させていただいております。

その他の治療法

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院のその他の治療法

腫瘍の治療は外科手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療が基本にはなりますがそれとは別の治療法も多数存在します。当院で可能な治療法をいくつかご紹介させていただきます。

当院では治療法に丸山ワクチンを用いた免疫療法を用いることがあります。副作用はほとんどなく在宅治療が可能な方法ですが、動物病院で使用実績はまだ少なくどれほどの効果があるか証明されていないのが難点です。

また非ステロイド系抗炎症剤を使用した治療法も当院では実施しています。膀胱移行上皮癌や鼻腔内腫瘍では明らかな効果が認められている治療法です。

その他、食事やサプリメントなどもありますのでご相談ください。

以下のページもご覧ください

動物病院理念

常盤台(ときわ台)近く犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の動物看護士の写真

板橋区の動物病院、上板橋リズ犬猫病院の動物病院理念についてご説明します。

夜間緊急診療

常盤台(ときわ台)近く夜間救急対応の犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の飼い主の足に乗っているチワワの写真

板橋区の動物病院、上板橋リズ犬猫病院の夜間緊急外来については下記をご参照ください。

 

お問合せ・ご相談はこちら

常盤台の動物病院の上板橋リズ犬猫病院の人の膝に乗っているチワワの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-5939-8573
診療時間
9:00-12:00/16:00-19:00(18:30 最終受付)
予約制ではありません
定休日
火曜日は午前診察のみ(午後休診)