板橋区常盤台(ときわ台)・上板橋の夜間救急対応動物病院なら
上板橋リズ犬猫病院

〒1740071 東京都板橋区常盤台3-25-13 寺崎ビル1階
東武東上線上板橋駅北口徒歩8分 ときわ台駅北口徒歩8分

診療時間
9:00-12:00/16:00-19:00(診察最終受付 18:30)
(診察は予約制ではなく、来院順になります。)
 定休日  
火曜日は午前診察のみ(午後休診)

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

03-5939-8573

眼科診察

犬猫専門の動物病院である上板橋リズ犬猫病院の眼科診察をご紹介していきます。眼科診察ではいくつかの検査を組み合わせて診療を行っています。眼科疾患は白内障や緑内障など失明する可能性のある病気も数多く存在します。また難治性角膜潰瘍などなかなか治療がうまくいかずにセカンドオピニオンをご希望される方も多くいらっしゃいます。このページでは上板橋リズ犬猫病院での眼科診察の流れをご説明させていただきます。

※いつでも眼科診療をすることは可能ですが、当院の眼科医大澤による検査治療をご希望の方は獣医師出勤日で大澤の出勤日を確認の上ご来院ください。

※現在、当院では院内設備の関係で白内障の手術はできません。手術をご希望の方は可能な施設へのご紹介をしています。

問診、視診

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院、上板橋リズ犬猫病院の問診風景

眼科診療では問診、視診がとても重要です。そのため問診、視診に十分に時間を費やします。眼科疾患には動物種、年齢、発症時期、発症部位など様々なことが関与します。例えば、柴犬は緑内障の好発犬種ですが、問診や視診である程度どのような病気かを予測し、必要な検査を決定します。

涙液量検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の涙液量検査

涙液量は、十分に産生されない場合目ヤニが多くなったり、重度結膜炎や角膜潰瘍を引き起こします。この検査を実施することにより涙液が産生されない病気(乾性角結膜炎)などの病気を診断します。

角膜染色検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の角膜染色

この検査は角膜に傷がないかを確認する検査になります。目に色素を垂らすと傷がある場合は傷が染色されます。角膜潰瘍などの病気を診断します。

また、色素が鼻に抜けるかどうかを確認することで、涙焼けの原因に多い鼻涙管閉塞を診断することができます。

スリットランプ検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院のスリットランプ

この検査は拡大鏡と光を利用し眼球内を精査します。角膜の状態や眼球内の炎症、白内障、水晶体脱臼などの有無などを診断します。また白内障とよく間違えやすい核硬化症などの診断もできます。

眼底検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の眼底レンズ

この検査は眼の奥の眼底と呼ばれる場所に異常がないかを診断する検査になります。特殊な器具を使用し眼底にある網膜や視神経などの状態を確認します。失明の原因となる網膜剥離や進行性網膜委縮症などの診断につながります。

眼圧検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院のトノベット

この検査は眼の圧力を特殊な機械を用いて測定します。この検査では緑内障の診断が可能です。 緑内障は眼の内圧が上がり、眼の痛み・結膜充血・眼球拡大・角膜が白く濁るなどの症状がでてきて失明に至る病気です。

眼超音波検査

常盤台(ときわ台))近くの夜間救急対応犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の眼超音波検査

当院では眼球超音波検査が実施可能です。外側からだけではわからない水晶体脱臼、眼球内腫瘍、網膜剥離の有無などを診断します。

各種眼科検査と眼球超音波検査を組み合わせて実施することにより診断することができる病気が多数あります。

血液検査

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の血液検査機器

角膜潰瘍や白内障、角膜上皮ジストロフィーなどはほかの病気が原因となって起こる場合があります。その場合点眼や手術などの一般的な治療法では改善しません。飼い主様は眼疾患で眼以外の検査が必要になることに驚かれますが、眼疾患は血液検査、超音波検査などを組み合わて診断します。その場合は眼の病気の元となる基礎疾患を治療を行います。

内科治療

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の心臓病の内服薬

内科治療は主に点眼や内服薬を使用して治療します。眼科疾患では同じ病気でも使用する薬は状態や性格に合わせて薬の種類や数を変える必要があります。例えば、角膜潰瘍では角膜保護剤、抗生剤、タンパク質溶解阻害薬、消炎剤や外科治療の組み合わせで治療を行います、症例にあった薬を選択することで種類を抑え、無駄な点眼を減らし飼い主様への負担を減らすことができます。

また眼科疾患では予防が重要となります。眼科疾患ではほかの病気から続けて起こる続発性疾患が多くあります。涙量が少ないドライアイでは角膜潰瘍になりやすく、白内障からは眼の中に炎症が起こるブドウ膜炎に、ブドウ膜炎からは緑内障などを引き起こします。これらの疾患は検査で事前に知ることができ、続発性疾患になる前に原因疾患の治療を行うことで予防することができます。

外科治療

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院上板橋リズ犬猫病院の眼科手術

外科治療は内科療法だけでは中々治らない症例に対して行います。例えば角膜潰瘍の中には1か月以上点眼しているのに治らない難治性角膜上皮びらんがあります、その場合は点眼麻酔をして表面を削る処置を行います。また、深い潰瘍の場合は全身麻酔での結膜フラップ術で潰瘍を覆ってあげる必要があります。

緑内障では点眼だけでコントロールができなくなった場合、外科治療が検討されます。外科治療の選択肢にはシリコンボール挿入や眼球摘出、ゲンタマイシン注入などがあり、メリットデメリットを説明し納得いく方法を選択します。

まぶたのイボはその深さや種類により局所麻酔での日帰り処置や全身麻酔での手術などを検討します。高齢で多く発生するため全身麻酔をかけられない状況があります、その場合は局所麻酔にて処置します。

※現在、当院では院内設備の関係で白内障の手術はできません。手術をご希望の方は可能な施設へのご紹介をしています。

以下のページもご覧ください

循環器科診察

常盤台(ときわ台)近くの夜間救急対応の犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の動物看護士の写真

板橋区の動物病院、上板橋リズ犬猫病院の循環器科診察についてご説明します。

夜間緊急診療

常盤台(ときわ台近く)の夜間救急対応の犬猫専門動物病院の上板橋リズ犬猫病院の飼い主の足に乗っているチワワの写真

板橋区の動物病院、上板橋リズ犬猫病院の夜間緊急外来については下記をご参照ください。

 

お問合せ・ご相談はこちら

常盤台の動物病院の上板橋リズ犬猫病院の人の膝に乗っているチワワの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-5939-8573
診療時間
9:00-12:00/16:00-19:00(18:30 最終受付)
予約制ではありません
定休日
火曜日は午前診察のみ(午後休診)